保湿化粧水の成分と効果・こんな人におすすめ!

保湿化粧水とはその名前の通り保湿効果を備えた化粧水です。化粧水は洗顔後に敏感になっている肌に使用するものですから、保湿効果を必要としている方は多いはず、それだけに多くの人にとって重要な選択肢となるタイプともいえるでしょう。

保湿化粧品は肌環境を整えスキンケアによる肌負担を軽減する

化粧水の種類と効果

洗顔後に肌が敏感な状態になってしまっているおもな理由は皮脂膜の形成に必要な皮脂やセラミドが洗い流されてしまっているからです。

 

洗顔は汚れを落とすために行うわけですが、必ずしも汚れや余分な皮脂だけを除去できるわけではなく、本来肌の健康に必要な皮脂・セラミドなども一緒に落としてしまうことも多いのです。

 

とくに現代人は清潔意識が過剰気味なため、ついつい洗いすぎで肌をみすみす乾燥させてしまっていることが多いのです。

 

そこで保湿化粧水の役割が重要になってくるのです。

 

もともと洗顔後の肌を整える目的で使用する化粧水に加えて保湿効果を備えることで肌をより相応しい環境に整えることでその後の美容液、クリームなどでのケアをしやすい状態にし、肌への負担を最小限に抑えることができます

保湿化粧水は乾燥肌や敏感肌、紫外線ダメージを受けてしまった人に!

化粧水の種類と効果

ですから保湿化粧水が向いているのはまず乾燥肌や敏感肌といった肌の乾燥が気になる方です。

 

もともと乾燥がちな方は美容液やクリームで保湿ケアを行うものですが、それだけでなく保湿化粧水も使用することでより幅広いケアができます。

 

肌が乾燥してカサカサに硬くなってしまうと有効成分が浸透しにくくなってしまうこともあり、まず化粧水の段階である程度ケアしておかないと美容液の効果が得られないという問題点もあります。

 

また、洗顔が過剰気味な方や加齢の影響で肌のバリア機能が低下している方、あるいは紫外線を浴びて肌にダメージを受けてしまっている方にも保湿化粧水は適しています

 

バリア機能が低下していると美容液が使いにくくなってしまい、美容成分を補うどころか肌に負担をかけてしまうことになりかねません。化粧水の段階で保湿成分を補い、バリア機能を整えておくわけです。

 

なお保湿化粧水に配合されている成分はコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチン、アミノ酸などが代表格として挙げられます。洗顔の際に失われてしまうことが多いセラミドは油溶性なので化粧水との相性はあまりよくないため配合されていることは少ないのです。

 

ですから化粧水だけで保湿を行うのではなく、美容液、クリームなどともうまく組み合わせながらケアしていく工夫が求められます。年齢肌の方は乾燥がもたらす小じわや乾燥しやすい冬場のケアにも向いているでしょう。
POLAの化粧水の口コミと効果>>

エイジングケア化粧水の成分と効果・こんな人におすすめ!

エイジングケアへの関心が高まっているなか、エイジングケア化粧水の需要も高まっています。これまでエイジングケア化粧品といえば圧倒的に美容液が多かったものですが、現在では化粧水、クリーム、乳液など幅広いアプローチでケアできるようになっているのです。

どんな効果を目的にしているかでエイジング化粧品は変わってくる

化粧水の種類と効果

エイジングケア化粧水の特徴は当然エイジングケアに役立つ美容成分が配合されている点にあります。ただ保湿化粧水や美白化粧水とは違い、どの製品にも必ず同じ成分が配合されているとは限らないのが特徴です。

 

たとえば保湿化粧水なら保湿成分が必ず配合されていますし、美白化粧水なら美白成分が配合されているもの。

 

しかしエイジングケアはどんな効果を目的にしているかによって配合されている成分が製品ごとにかなり違ってくることも多いのです。

 

そのためこのタイプの化粧水を使用するときには自分が何を目的にエイジングケアを行っていきたいのかをよく考えた上で製品を比較検討していくことが求められます。

 

たとえば老化そのものを改善したい場合にはビタミンC誘導体やコエンザイムQ10といった活性酸素を抑制する抗酸化成分がもっとも重要な成分となるでしょう。

 

またシワやたるみを改善したい方はEGFやプラセンタといったターンオーバーを活性化させる成分がオススメです。

20代後半〜30代前半のエイジングケアは化粧水からはじめるのもおすすめ

化粧水の種類と効果

たるみや肌のハリの低下に関してはコラーゲンの生成を促すケアも重要です。

 

これはコラーゲンを直接補うよりも体内での生成をサポートする成分の方が効果的なため、ビタミンC誘導体やレチノール、ナイアシンといった成分が適しています。

 

このように自分が老化の影響で肌にどんな悩みを抱えているのかを踏まえたうえで必要な成分が配合されているエイジングケア化粧水を選んでいくことが大事なのです。

 

また、保湿化粧水と内容がかぶる部分もあります。加齢とともに角質層から保湿成分が低下し、それがバリア機能の低下とともに老化をもたらす以上、保湿成分もエイジングケアに欠かせない成分だからです。

 

そのため保湿化粧水とどちらが適しているのか、どちらが自分にとって必要なのかを検討したうえで選んでいく視点も考えておきましょう。

 

基本的には肌の老化が気になりだした方に向いているタイプですが、まだそれほど老化が気にならない20代後半〜30代前半の方、エイジングケアの準備段階としてまず化粧水からケアをはじめてみるといったケースにも適しているでしょう。

 

美容液でのエイジングケアでどんな成分を補っていくのか、組み合わせや相乗効果なども考えた上で選べば効果をさらに高めることができるはずです。

ふき取り化粧水の成分と効果・こんな人におすすめ!

ふき取り化粧水は化粧水のタイプの中では異色の存在です。化粧水本来の役割よりもこのタイプならではの特徴とメリットが重視されているため、向いている人と向いていない人がはっきり分かれる傾向があるのです。

ふき取り化粧水は肌から余分なものを除去する効果がある

化粧水の種類と効果

ふき取り化粧水とは文字通りコットンなどで肌をふき取るようにして使用するタイプの化粧水です。

 

他の化粧水もコットンで塗付することがありますが、このタイプは使い方からして違います。塗付するよりもふき取り、擦り取る感覚で使っていくのです。

 

どうして使い方が違うのか?それは化粧水を「補う、浸透させる」よりも「肌から余分なものを除去する」ことを主な目的としているからです。

 

このふき取り化粧水のおもな目的はメイクや毛穴の汚れ、剥がれ落ちずに蓄積したままの古い角質を取り除くことにあります。

 

こうした汚れはクレンジングや洗顔でしっかり落としておくものですが、ターンオーバーの乱れや濃いめのメイク、しつこく詰まった毛穴の汚れなどの問題を抱えていると十分に落としきれないこともあります。

 

そこでふき取り化粧水をプラスすることでより清潔な状態へと導くわけです。

ふき取り化粧水は有効成分よりも汚れを落とす成分がメインに配合

化粧水の種類と効果

メイクや毛穴の汚れが残っていると肌荒れなどの原因となりますし、古い角質の蓄積はくすみの原因となるだけでなく美容液などに含まれる有効成分が浸透していく際の妨げになります。

 

その意味で清潔にするだけでなく、スキンケア環境を整える意味でも重要な意味を持っているのです。

 

ですから有効成分を補い、洗顔後の肌を整える一般の化粧水とは目的からして違うため、同じレベルで比較検討するわけにはいかない面もあります。ふき取り化粧水を使った後に改めて化粧水を使用するといった使い方もあります。

 

ですからこのタイプは必要ない人にとっては必要ない、スキンケアに必須のアイテムというわけではないのです。

 

このように汚れを落とすことを目的としているため、有効成分よりもアルコールなど汚れを落とす成分がメインに配合されています。しかも使用の際には肌を擦るため肌に負担をかけやすい部分もあります。

 

スキンケア製品が浸透しにくい、肌のカサつき、ゴワつきが気になる方、くすみを改善したい方には適している一方、敏感肌や加齢の影響でバリア機能が低下している方は使用の際に注意が必要です。

 

こうした点からも扱いが少し難しく、メリットを最大限に活かせる使い方が求められるでしょう。また毎日使うのではなく、肌の調子や状態に合わせて使うタイミングを見計らうといった工夫も必要です。

収れん化粧水の成分と効果・こんな人におすすめ!

収れん化粧水は化粧水本来の効果を備えているタイプともいえます。「収れん」とは肌を引き締める意味で、洗顔後の肌を整える働きを備えているのです。

収れん化粧水は毛穴を引き締めリフトアップ効果も!

化粧水の種類と効果

洗顔後に化粧水を使用するおもな目的は洗顔の影響で敏感になった肌を整える点にあります。

 

保湿成分で潤いを確保することも大事ですが、汚れを落とす際に広がった毛穴を引き締めるなど収れん効果も非常に重要な意味を持っています。

 

洗顔後に少し乱れた状態の肌をそのままにしてしまうと外気や紫外線との接触でダメージを受けてしまったり、美容液の刺激が強くなってスキンケア環境が悪くなってしまうといった問題が出てくるからです。

 

毛穴が開いているなど肌が乱れているとどのような状態になるのか?たとえば肌の状態を整えるために皮脂の分泌量が多くなり、油っぽく化粧崩れを起こしやすい状態になります。

 

メイクのテカりや化粧崩れに悩まされている方はファンデーション選びにこだわるよりもまず化粧水を見直してみたほうが早道の場合もあるのです。

 

また毛穴が開いたままだと汚れが詰まりやすくなるだけでなく、目立ちやすくなり、毛穴のたるみなどの原因にもなります。

 

これは年齢肌にとって重要なポイントで、エイジングケア成分で一生懸命ケアするよりもまず収れん化粧水で引き締めることでリフトアップ効果を意識したほうが効果が得られることもあります

収れん化粧水は収れん効果だけではなく保湿効果なども期待

化粧水の種類と効果

このように基本的な肌環境を整えていくうえで重要な役割を担っている収れん化粧水、どんな化粧水にもこの効果は備わっているといってもよいわけですが、製品によって収れん効果をメインにしているのか、保湿やエイジングケア効果をメインにしているのかが異なります。

 

現在収れん化粧水と名乗って発売されている製品にはビタミンC誘導体や植物由来のエキスを配合したものが多く、収れん効果のとどまらず保湿効果なども期待できるものがほとんどです。

 

ですから製品を選ぶ場合には収れん効果にプラスしてどんな効果が得られるのか、自分の肌にどれだけプラスになるのかをよく踏まえたうえでチェックするようにしましょう。

 

ただこのタイプではひとつ注意するべき点があります。それはエタノール(アルコール)の存在です。このエタノールは肌を引き締める非常に優れた作用を備えている一方、肌から水分を蒸発させて奪ってしまう作用もあります。

 

乾燥肌・敏感肌の方が使用すると効果よりも乾燥のデメリットのほうが大きくなってしまう恐れがあるので気をつけましょう。基本的にはエタノールが配合されていない製品の中から選んでいくべきです。

美白化粧水の成分と効果・こんな人におすすめ!

美白化粧水とは美白効果を備えた化粧水のこと、これまで美白化粧品といえば美容液が大半を占めていましたが、技術の進歩もあって化粧水でも美白対策を行うことができるようになりました。

美白化粧水はメラニン色素の生成をブロックしシミやくすみを防ぐ

化粧水の種類と効果

美白対策といえば美白成分、というわけで化粧水にも美白成分が配合されています。シミ・くすみの根本の原因は紫外線など外部からの刺激によってメラニン色素の生成が増加される点にあります。

 

茶褐色をしているこの色素がターンオーバーで排出されずに蓄積し、やがて角質に沈着を起こすとシミ・くすみになってしまうのです。

 

そこで美白化粧品では美白成分でこのメラニン色素の生成をブロックし、しみ・くすみを防ぐ効果を備えています。

 

そのためどんな美白成分が含まれているかが美白化粧品を選ぶ上での重要なポイントとなってくるわけですが、美白化粧水の場合はプラスして肌との相性や刺激も大きな意味を持ってきます。

 

もともと美白成分は美白作用に優れていればいるほど肌への負担が大きいという注意点を抱えており、洗顔後敏感な状態になっている肌に使用する化粧水ともなるとこの点にも注意が必要だからです。

 

そうした事情も合って美白化粧水は美白作用よりも低刺激を重視し、穏やかな作用を備えた美白成分が配合されている傾向が見られます。

 

ビタミンC誘導体はその代表的な例ですし、ほかにはトラネキサム酸、アルブチン、エラグ酸などが挙げられます。

保湿化粧水はバリア機能の改善やターンオーバーの活性化をする効果も・・

化粧水の種類と効果

つまり自分がどれだけ刺激に敏感な状態で、どの美白成分なら問題なく使用できるのかを踏まえたうえで選んでいくのが美白対策全体の成否を分ける大事なポイントとなってくるのです。

 

必ずしも低刺激を重視した製品ばかりではなく、ハイドロキノンを配合した効果重視の製品もありますから、自分がどこまで化粧水で美白対策を行っていくべきなのか、よく検討した上で判断しましょう。

 

穏やかな作用の美白成分が配合されていることもあってかそれ以外の効果、保湿によるバリア機能の改善やターンオーバーの活性化を目的とした成分が配合されているケースが多いのも美白化粧水の特徴です。

 

バリア機能の低下で紫外線のダメージを受けやすくなっている、ターンオーバーの低下でメラニン色素が沈着を起こしやすくなっているなど、シミ・くすみの原因が自分でも把握できている場合にはこうした効果を得られるかどうかを美白化粧水に求めてみましょう。

 

シミ・くすみの悩みを抱えている方全般に向いているのはもちろん、美容液だけに頼らず、より幅広いアプローチで美白ケアを行うと考えている方にも適した選択肢です。
POLAの化粧水の口コミと効果>>

POLAのおすすめ化粧水

B.A ローション

圧倒的な保湿力と浸透性を可能にしたポーラの最高峰ブランドB.Aの高級化粧水
ハーフサイズ11,880円・税込
公式HPで詳しく見てみる!>>

Red B.A ボリュームモイスチャーローション

Red B.A ボリュームモイスチャーローション

潤いを凝縮した濃密なとろみ!ふっくらとしなやかな弾力を実感できる肌へ
9,720円・税込
公式HPで詳しく見てみる!>>

Dローション

くすみやハリ低下…初期エイジングサインを感じはじめたら使いたい化粧水
4,860円・税込
公式HPで詳しく見てみる!>>

ホワイティシモ 薬用ローションホワイト

乾燥で乱れた角層のすみずみまで、とろんと浸透する薬用高保湿化粧水
4,860円・税込
公式HPで詳しく見てみる!>>

モイスティモローション

乾燥からくるごわごわに!内側からもっちり肌を実感できる高保湿化粧水
4,860円・税込
公式HPで詳しく見てみる!>>