敏感肌、乾燥肌、脂性肌…肌質で違う?肌質と化粧水

スキンケアは自分の肌質に合わせて適切な製品・アプローチで行っていくことが大事です。この点は化粧水も例外ではなく、世間で評判の高い、有名なブランドから発売されているといった理由で選ばず、あくまで自分の肌に合ったものを選んでいくことが大事です。

敏感肌や乾燥肌は低刺激な化粧水を選ぶことが大前提

化粧水の選び方

たとえば敏感肌の場合は刺激に敏感ですから、洗顔後最初に使用する化粧水にはとりわけ低刺激なものが求められます

 

化粧水の段階で肌にダメージを与えてしまっているようではその後のスキンケアがうまくいくはずもありません。

 

防腐剤、合成界面活性剤、エタノールといった肌に負担をかける恐れがある製品は避け、肌に優しく保湿でバリア機能の改善も行っていける製品が望ましいでしょう。

 

乾燥肌も基本的には敏感肌と同様、刺激に注意して選んでいく必要があるわけですが、化粧水でも保湿をいかにうまく行っていくことができるかがポイントです。

 

肌がカサカサに乾燥していると有効成分が浸透しにくいため、化粧水の段階でそれを改善しておかないとせっかく美容液を使っても有効成分が十分に浸透しないという問題を抱えてしまいます。

 

保湿成分に関してはコラーゲンとヒアルロン酸をどれだけうまく補うことができるかがポイントですから、配合量だけでなく、低分子化など浸透性を高めるための工夫をどれだけ行っているかもチェックしておきたいところです。

脂性肌は水分と油分のバランスを保てる化粧水を選ぶこと

化粧水の選び方

また、乾燥肌の場合、老化の影響で乾燥が加速しているケースもあります。その場合には保湿成分に加えてエイジングケアに役立つ成分を補うことができるかも大事なポイントになるでしょう。

 

EGFやプラセンタのようにターンオーバーを活性化させる成分なども視野に入れておきましょう。

 

脂性肌の場合は水分と油分のバランスをいかにうまく保つことができるかがポイントです。

 

洗顔後の乾燥を補うため皮脂の分泌量が増加するため、できるだけ早く化粧水を使用するのはもちろん、毛穴を引き締め、皮脂の分泌を抑える働きを持つ化粧水が求められます。

 

収れん効果に優れた化粧水が一番のオススメで、皮脂の分泌を調節するビタミンB群やビタミンCが配合されていれば理想的です。

 

また角質層が乾燥していることでそれを補うために表皮が皮脂で油っぽくなっているインナードライの可能性もあるため、保湿成分で表皮だけでなく角質層全体の水分と油分のバランスを整えていくケアも重要になってくるでしょう。

 

このように肌質によって化粧水を選ぶポイントがずいぶんと違ってきます。洗顔後に肌に合ったケアができるか、化粧水選びでその後のスキンケアの効果全体に大きな影響が及ぶだけに注意して選びたいところです。
POLAの化粧水の口コミと効果>>

プチプラ化粧水vs高級化粧水の違いは?それぞれの上手な使い方

プチプラ化粧品がさまざまなメーカーから発売されて注目を集めていますが、そのきっかけとなったのが化粧水です。1000円未満で購入できる製品が人気となることで「安い製品でもちゃんとケアできる」イメージが広がったことが現在のプチプラ化粧品人気につながったのです。

高級化粧水は最新の成分や処方が使われ幅広い効果が期待できる

化粧水の選び方

安くてよい化粧水があるのなら有名ブランドが発売しているような高価な化粧水をわざわざ購入する必要はないじゃないか、と思うのがごく自然な反応です。

 

そもそもプチプラ化粧水と高級化粧水は何が違うのか?どちらにもメリット、デメリットがあるどちらがよいと一概には言えない面があるだけにそれぞれの違いや有効な活用方法を踏まえたうえで選び、使っていくことが大事です。

 

プチプラ化粧水と高級化粧水の違いとしてまず挙げられるのが配合されている成分と処方の違いです。

 

高級化粧水はどうして価格が高いのか?それは最新の研究に基づく新成分や新処方を採用しているからで、製造コストが高くなった分価格に反映されているのです。

 

ですからこれまでになかった効果や浸透性を備えた製品もありますし、いろいろな成分を配合していることで幅広い効果が期待できる面もあります。

 

それに対してプチプラ化粧水はおなじみの成分をシンプルに配合しているのが特徴です。

 

すでに広く化粧品に使用されており、製造コストがあまりかからない成分を特別な処方を用いずに配合されているものが多く、あまり幅広い効果はもたず特定の効果に限定されている傾向が見られます。

 

肌荒れや敏感肌の人の間で人気を博したハトムギ化粧水などはこの典型的な例です。

プチプラ化粧水は内容もシンプルで量を惜しまず使えるのがメリット

化粧水の選び方

この違いを踏まえたうえでどちらがよいかを判断し、それぞれにあった使い方をしていくことになります。

 

エイジングケアや美白対策を化粧水でも行っていきたい、いろいろな肌のトラブルを幅広く改善していきたいという方には高級化粧水の方が向いていますし、化粧水に美容効果はあまり求めず、洗顔後の肌を整えるという本来の目的を重視する。

 

または敏感肌・乾燥肌でも肌に負担を感じずに利用できる製品がほしい場合にはプチプラ化粧水が適しています。内容がシンプルな分刺激も少ないからです。

 

使い方としては高級化粧水はしっかりと肌に馴染ませるようコットンなども使いつつ効率のよさを重視するのが第一

 

一方プチプラは量を惜しまずぜいたくに使用するのが第一です。コットンではなく指やハンドプレスで塗布して肌全体にたっぷりの量を補う使い方が適しています。

 

このようにどちらがよいかではなく、それぞれのメリットを自分がどれだけ得られるか、よく判断することで適した製品を選ぶことができるようになるでしょう。

配合成分にも要注意!化粧水に含まれる成分

化粧品に配合されている成分は効果だけでなく肌への影響も踏まえたうえでチェックしていかなければなりません。肌の悩みを抱えている人ほど効果を重視してしまい、肌に合わない成分が配合された製品を選んでしまった結果かえって肌に負担をかけてしまうケースが非常に多いからです。

コラーゲンやヒアルロン酸は浸透性も確認することが大切

化粧水の選び方

化粧水の場合は洗顔後の無防備になった肌に使用するだけになおのことこの点が重視されます。

 

化粧水にはどんな成分が配合されており、それぞれどういった効果や注意点があるのかを踏まえておきましょう。

 

まず現在市販されている化粧水でもっとも重視されている保湿成分。コラーゲンとヒアルロン酸が代表格です。

 

保湿成分といえばもうひとつ、セラミドも美容液やクリームではよく配合されていますがこの成分はもともと油溶性なので水分が多い化粧水にはあまり配合されていません。

 

コラーゲン、ヒアルロン酸とも分子量が大きめで肌に浸透しにくいのが大きな難点で、それを克服するため分子量を細かくする処方を採用したうえで配合されることが多くなっています。

 

ですからこの2つの成分が配合されているかどうかをチェックする場合には配合量だけでなく分子量と浸透性も確認しておくことが大事です。

収れん効果のあるアルコールは水分を蒸発させるデメリットもあるので注意

化粧水の選び方

それから肌を引き締めて整える収れん効果を備えた成分。この収れん効果は化粧水本来の役割でもあり、洗顔後の肌を整えて美容液を使いやすくするうえでも大事な意味を持っています。

 

代表的なところではビタミンC誘導体やアーチチョーク葉エキスなどの植物由来の成分、クエン酸、タンニンなどが挙げられます。

 

注意したいのはエタノールを使用した製品がある点で、このアルコール分は非常に優れた収れん効果を備えている一方で水分を蒸発されてしまうマイナス点もあります。乾燥肌・敏感肌の方は避けたほうがよいでしょう。

 

現在ではこうした化粧水本来の目的に配合される基本的な成分に加えて製品ごとに特別な効果を目的にいろいろな成分が配合されるようになっています

 

エイジングケア効果を備えた化粧水ならプラセンタやEGF、FGFなど、また体内でのコラーゲンの生成を促すレチノールやナイアシンといった成分への関心も高まっています。

 

シミ・くすみの改善に役立つ美白化粧品も増えており、こちらはビタミンC誘導体、トラネキサム酸、アルブチンといった美白成分が配合されています。

 

これらは化粧水にとって必須の成分というわけではないため、自分にとって必要かどうかをよく検討したうえで選んでいくことが大事です。肌への負担も考え、あまり多くの成分を補う過剰なケアは避け、必要な成分を厳選して選ぶ工夫も必要でしょう。

化粧水+乳液などのシンプルケアで選びたい化粧水

スキンケアは入念に行えばよいわけではなく、過剰なケアに陥ることなくシンプルに徹したケアも必要です。毎日入念なケアを続けていると肌が休む暇がなく負担がかかってしまいますし、年齢を重ねて老化が進んでいくにつれてシンプルなケアが求められるようになっていくものです。

敏感な肌を整え適度な潤いをもたらすシンプルな化粧水がおすすめ

化粧水の選び方

スキンケアといえば化粧水、美容液、乳液、クリームの4段階で行うことが常識となっていますが、必ずしもつねにそれを守らなければならないわけではなく、シチュエーションに合わせていくつかの過程を省いたシンプルケアも取り入れたいところ。とくにおすすめなのが化粧水と乳液の組み合わせです。

 

化粧水、乳液とも肌を整えるのが主な目的のアイテムです。

 

有効成分を補う美容液や油分をしっかり補ってスキンケアを仕上げるクリームとは違い、よりシンプル、ナチュラルに仕上げることができます。

 

ときどきこのシンプルなケアを取り入れることで肌を休めれば肌本来の健康を取り戻す効果も得られますし、休日家で過ごすときなどに必要最小限のケアで手間をかけずに済ませることもできるでしょう。

 

この化粧水と乳液などシンプルなケアを心がける場合には化粧水選びにも工夫が求められます。

 

通常のスキンケアでは美容液の有効成分を浸透しやすくするとか、美容液が刺激にならないよう肌をしっかり整えるといった役割を化粧水に求めるわけですが、美容液を使わない以上そうした点は必要なくなります。

 

洗顔後の敏感になった肌を整え、適度な潤いをもたらすようなシンプルな化粧水を選びましょう

化粧水で潤し乳液でその効果を長持ちさせる環境作りも大切

化粧水の選び方

たとえば肌が刺激に敏感になってしまっている場合にはプチプラ化粧水として人気を得ているハトムギ化粧水がオススメです。

 

肌荒れやバリア機能の低下を改善する効果に優れているので負担をかけずに肌の調子を整えていくことができます。

 

しばらくシンプルケアを続けて肌の状態を改善できればこれまで刺激が強くて思うように使えなかった美容液を使えるチャンスも出てくるでしょう。

 

美容液で保湿対策を行わない分化粧水でしっかり潤いをもたらし、乳液でその効果を長持ちさせられる環境づくりも大事です。

 

保湿成分ではナノ化などの技術で浸透性をアップさせたコラーゲン、ヒアルロン酸が配合されたものを選ぶほか、エラスチンやグリセリンといった保湿成分もチェックしておきたいところです。

 

ややとろみがあってしっとりしたタイプの化粧水を試してみましょう

 

シンプルケアに徹するためには化粧水もシンプルなものを、しかし自分の肌に必要な効果はしっかりカバーできる。必要な効果・成分とそうでない部分をしっかり取捨選択したうえでシンプルケアに役立つ製品を選んでいくようにしましょう。
POLAの化粧水の口コミと効果>>

POLAのおすすめ化粧水

B.A ローション

圧倒的な保湿力と浸透性を可能にしたポーラの最高峰ブランドB.Aの高級化粧水
ハーフサイズ12,100円・税込
詳しく見てみる!>>

Red B.A ボリュームモイスチャーローション

Red B.A ボリュームモイスチャーローション

潤いを凝縮した濃密なとろみ!ふっくらとしなやかな弾力を実感できる肌へ
9,900円・税込
詳しく見てみる!>>

Dローション

くすみやハリ低下…初期エイジングサインを感じはじめたら使いたい化粧水
4,950円・税込
詳しく見てみる!>>

ホワイティシモ 薬用ローションホワイト

乾燥で乱れた角層のすみずみまで、とろんと浸透する薬用高保湿化粧水
4,950円・税込
詳しく見てみる!>>

モイスティモローション

乾燥からくるごわごわに!内側からもっちり肌を実感できる高保湿化粧水
4,950円・税込
詳しく見てみる!>>