朝と夜では化粧水の使い方に違いがあるのでしょうか?

化粧水は基本的には朝のスキンケアの際に使用するものです。洗顔で肌をきれいにした後に化粧水で整えて美容液、乳液、クリームを肌に馴染みやすくするわけですが、それだけでなくちょっとした保湿対策にも活用できます。外出中の化粧直しや保湿に使用できるミスト化粧水などはそうした目的で注目されているものですが、それだけに朝だけの使用に限定せず、1日の中で、とくに夜にうまく使いこなす環境づくりも必要です。

夜は量を贅沢に使い顔全体に馴染ませることがポイント

朝と夜の化粧水使いのポイント

では夜に化粧水を使うときにはどういったポイントを踏まえておけばよいのでしょうか?帰宅してクレンジングでメイクを落とした後は肌がかなりダメージを受けている状況です。

 

クレンジングのダメージだけでなく、紫外線や外気との接触、ほこりや花粉…こうした肌の状態をいたわり、睡眠中のターンオーバーを活性化させるためにも化粧水をうまく活用しましょう。

 

プチプラ化粧水でも大丈夫なのでちょっと量をぜいたくに使って顔全体にうまく馴染ませてみましょう

 

コットンパックを使うのもよいですし、化粧水がわりに利用できるパックなども発売されているのでうまく使ってみましょう。ただパックの場合はあまり長時間顔につけすぎていると逆に肌が乾燥してしまうこともあるので注意が必要です。

 

最近では夜用のスキンケアアイテムがさまざまなメーカーから発売されて注目を集めていますが、専用の効果なアイテムを買わなくても化粧水を使いこなすことで就寝中の肌環境を整えることは十分に可能です。

朝はコットンをうまく使って化粧水を塗付できるかがポイント

朝と夜の化粧水使いのポイント

朝の化粧水使いでは洗顔後にできるだけ早く使用するのがまず大前提

 

洗顔後は皮脂やセラミドが洗い流されてしまっているため急速に水分が失われていきます。基本は5分以内、洗ったすぐに化粧水を使えるよう、手元においておきましょう。

 

肌に突っ張り感がある方はしっかり潤うよう肌に馴染ませることを意識して行っていくのがポイントです。

 

逆にそれほど気にならない方はミストタイプの化粧水で軽く肌を保湿するだけでも十分効果が得られます。この点は自分の肌質やその後のスキンケア、メイクの環境を踏まえた上で判断しましょう。

 

あと朝のケアではコットンをうまく使いこなすことができるかどうか。急いでいることもあってどうしてもコットンで強く擦ったり叩きつけるように塗付してしまいかねません。

 

優しく押し当て、あくまで軽く擦って馴染ませていくのが基本です。このコットンを使いこなせるかどうかで美容液の有効成分がしっかり浸透するか、肌に負担をかけることなくケアしていけるかが決まるといっても過言ではありません。

 

こうした朝と夜それぞれの化粧水の活用方法にも着目しながらスキンケアを行っていきましょう。
POLAの化粧水の口コミと効果>>

POLAのおすすめ化粧水

B.A ローション

圧倒的な保湿力と浸透性を可能にしたポーラの最高峰ブランドB.Aの高級化粧水
ハーフサイズ12,100円・税込
詳しく見てみる!>>

Red B.A ボリュームモイスチャーローション

Red B.A ボリュームモイスチャーローション

潤いを凝縮した濃密なとろみ!ふっくらとしなやかな弾力を実感できる肌へ
9,900円・税込
詳しく見てみる!>>

Dローション

くすみやハリ低下…初期エイジングサインを感じはじめたら使いたい化粧水
4,950円・税込
詳しく見てみる!>>

ホワイティシモ 薬用ローションホワイト

乾燥で乱れた角層のすみずみまで、とろんと浸透する薬用高保湿化粧水
4,950円・税込
詳しく見てみる!>>

モイスティモローション

乾燥からくるごわごわに!内側からもっちり肌を実感できる高保湿化粧水
4,950円・税込
詳しく見てみる!>>