化粧水を自作できる?手作り化粧水のポイントとは?

化粧水は洗顔後に最初に使用するアイテム、それだけに他のアイテムに比べてもとりわけ肌との相性が重視されます。不用意に合わないものを使ってしまうと刺激を与えてしまい肌荒れなどのトラブルを起こしてしまう恐れもあるのです。

 

そのこともあって敏感肌の中にはなかなか合う化粧水がないと悩むケースが多く、化粧水が思うように使えない以上、スキンケアからメイクまで思うようにできない状況に陥ってしまいがちです。

手作り化粧水は余計な成分は一切入っていないこと

手作り化粧水

そんな化粧水選びに悩んでいる人の間で注目されているのが化粧水を自作するというものです。市販の製品によいものがないのなら自分で作ってしまおう、というわけです。

 

ただ一方で「本当に作れるの?」「自分で作ったもので大丈夫なの?」いった不安の声も少なくありません。

 

自作の化粧水には市販の化粧水にはいくつかの大きなメリットがあります。まず余計な成分は一切入っていないこと

 

市販の製品は保湿成分をはじめエイジングケア製品などさまざまな成分が入っているものです。ひとつひとつの成分には優れた効果が備わっていたとしてもたくさんの成分が配合されているほど刺激は強くなってしまいます。

 

敏感肌の方にとっては市販の化粧水を見ながら「そんなにたくさん成分が入っていなくてもいいのに…」と残念に思うことも多いのではないでしょうか。自作なら必要な成分だけを使用することができるのでこうした問題は起こりません。

手作り化粧水は精製水とグリセリンを混ぜ合わせるだけ

手作り化粧水

それから添加物を入れる必要がないこと。市販の化粧品はどうしても品質を保持するために防腐剤などの添加物を必要とします。

 

いくら肌に優しくても使用期限が短い製品では売れませんから、これは市販される以上どうしても避けられない部分です。しかし自作なら最初から使用期限が短いことを覚悟の上で添加物が一切使用されていない化粧水を作ることができます。

 

では自作の化粧水とはどういったものなのでしょうか?じつは驚くほど簡単なので、ドラッグストアなどで発売されている精製水とグリセリンを混ぜ合わせるだけ

 

不純物を排除した水と保湿成分としていろいろな化粧品に使用されているグリセリンを混ぜるだけで化粧水を作り上げることができるのです。

 

化粧水は量より質とも言われます。高い化粧水を惜しんで使うくらいならこうしたシンプルな内容の化粧水を贅沢に使ったほうが美容液やクリームなど後のスキンケアの効果が高まるとも。

 

思うように肌に合った化粧水を見つけられずにいる方は自作を試してみてはいかがでしょうか。慣れてきたら精油を混ぜて調節してみるのもおすすめです。
POLAの化粧水の口コミと効果>>

POLAのおすすめ化粧水

B.A ローション

圧倒的な保湿力と浸透性を可能にしたポーラの最高峰ブランドB.Aの高級化粧水
ハーフサイズ12,100円・税込
詳しく見てみる!>>

Red B.A ボリュームモイスチャーローション

Red B.A ボリュームモイスチャーローション

潤いを凝縮した濃密なとろみ!ふっくらとしなやかな弾力を実感できる肌へ
9,900円・税込
詳しく見てみる!>>

Dローション

くすみやハリ低下…初期エイジングサインを感じはじめたら使いたい化粧水
4,950円・税込
詳しく見てみる!>>

ホワイティシモ 薬用ローションホワイト

乾燥で乱れた角層のすみずみまで、とろんと浸透する薬用高保湿化粧水
4,950円・税込
詳しく見てみる!>>

モイスティモローション

乾燥からくるごわごわに!内側からもっちり肌を実感できる高保湿化粧水
4,950円・税込
詳しく見てみる!>>