30代の肌質別上手な化粧水の選び方

30代・普通肌の人の化粧水の選び方

30代の普通肌の方にとって化粧水選びはスキンケアの第一歩といってもよいでしょう。老化がはじまる時期ですから、20代の頃とは違った視点で化粧水を選んでいく必要があります。

 

肌が若々しい時期の化粧水選びはとくに難しくなく、知名度やブランドイメージなどを参考にして選んでも問題ありませんが、30代に入ったら自分なりの問題意識を持った上で製品を厳選していく必要があるのです(※参照:30代化粧水の選び方)。

30代の普通肌は化粧水で保湿対策を行うのが大切

30代の化粧水の選び方

この年代の普通肌の化粧水選びの鍵は肌環境に合ったものを選ぶこと

 

当たり前のように思えますが、この時期に適切な化粧水を使用しないと肌質が変化して乾燥肌・敏感肌へと変化してしまうことも多いのです。

 

とくにこの時期には角質層の内部で保湿成分が減少していきます。それをうまく補うことができるような化粧水をうまく選んでいきましょう。

 

化粧水で保湿対策を行っていくうえで重要になるのがコラーゲンとヒアルロン酸です。

 

保湿成分といえばセラミドが代表格として挙げられますが、細胞間脂質のこの成分は油溶性の性質を備えているので水分が圧倒的に多い化粧水とはあまり相性がよくありません。

 

そのためセラミドは美容液や乳液、クリームで補うことを前提にしたうえで化粧水で必要な保湿成分を補っていくことになります。

30代は抗酸化成分の配合された化粧水で老化を防ぐ

30代の化粧水の選び方

それから抗酸化成分。老化の進行をできるだけ早い段階で防ぐことで30代後半から40代にかけての肌環境が大きく変わってきます。

 

30代前半はまだ老化が気になる段階ではありませんから、保湿効果を優先したうえで抗酸化作用についても目を向けるようにしましょう

 

そして30代半ば、後半と年齢を重ねていくにつれて抗酸化作用の優先度をアップしていく、つまり加齢と肌環境の変化に合わせてその都度適切な化粧水を選んでいくのが重要なのです。

 

普通肌でもスキンケアを誤るとたちまち肌質が悪化してしまうのが30代の難しいところです。それを防ぐためにも老化の進行に合わせた適切なケアを行うこと、スキンケアの土台となる化粧水選びを間違えないことが大事です。

 

まだまだ若いから20代から使っていても平気、と油断せず、トラブルに気づく前にスキンケア環境の見直しを行ってみましょう。
POLAの化粧水の口コミと効果>>

30代・乾燥肌の人の化粧水の選び方

30代のスキンケアは乾燥との戦いといってもよいでしょう。もともと乾燥肌の方はさらに乾燥し、普通肌の方も乾燥が加速していくのがこの年代です。ですから乾燥肌の方はこれまで以上にスキンケアを入念に行っていくことが大事です。

30代の乾燥肌は浸透性を重視して化粧水を選ぶこと

30代の化粧水の選び方

普通肌の方が加齢によって乾燥が加速していくのと、もともと乾燥肌の方が乾燥が加速していくのとでは肌の状況に違いが見られます。

 

その分化粧水を含めたスキンケア対策にも差が出てくるので適切な化粧水の選び方を踏まえておくことが大事です。

 

まずは肌質に関係なく重要なのが保湿成分の補充です。30代前後を境に角質層内で水分を保っているセラミドやヒアルロン酸、コラーゲンといった保湿成分が減少に転じます。

 

また30代後半には本格的な老化がはじまることでその減少のペースが加速していきます。そのため減少した分をうまく補うケアが求められるのです。

 

もともと保湿力が不足している乾燥肌は30代前半の段階からかなり急激なペースで保湿成分が減少していくのでとりわけスキンケアでの対策が必要です。

30代の乾燥肌は肌を柔らかくする乳化作用を備えた化粧水を

30代の化粧水の選び方

保湿対策では化粧水で浸透させやすいコラーゲンやヒアルロン酸の配合量がどれだけ優れているかが選ぶ上での大事なポイントとなるわけですが、もうひとつ着目しておきたいのが浸透性。

 

乾燥によって固くなった肌は毛穴の柔軟性が失われていることもあって有効成分が浸透しにくい状態になっています。

 

もともとコラーゲンとヒアルロン酸は分子量が大きく浸透しにくい特徴がありますから、低分子化などの技術で浸透しやすくなっているかをチェックしておきましょう。

 

乾燥肌の保湿対策は角質層のすみずみにまで保湿成分を浸透させることができるかが鍵なのです。

 

一方、普通肌とは異なるポイントは少し触れたすでに乾燥で肌が固くなっていることです。不足している油分は乳液やクリームで補うとして、化粧水では肌を柔らかくする乳化作用を備えているかどうかをチェックしてみましょう。

 

その効果によってその後の美容液、乳液、クリームの浸透性をアップさせ、スキンケア全般の効果を高めることもできるはずです。

30代・敏感肌の人の化粧水の選び方

30代の敏感肌はエイジングケアのターニングポイントといってもよい状況です。30代前半の段階で敏感な状態を改善できるかでその後の肌の環境、老化の進行状況などが大きく変わってきます。

30代の敏感肌は添加物やエタノール配合の化粧水に注意

30代の化粧水の選び方

とくに化粧水は洗顔後の敏感な肌に使用するためまず肌に不要な刺激を与えない低刺激な製品を選ぶことが大前提です。

 

防腐剤や石油系の合成界面活性剤といった肌に負担をかける恐れがある添加物ができるだけ使用されていない製品をまず選んでいきましょう。

 

それからエタノール(アルコール)が使用されていないかどうか。このエタノールは肌と毛穴を引き締め、使用後の爽快感をもたらす効果を備えている一方、水分を蒸発させてしまう作用もあります。

 

もともとバリア機能が低下してカサついている肌にエタノールが配合されている化粧水を使用するとますます悪化してしまう恐れがあります。基本的にエタノールフリーの製品を使った方が無難でしょう。

 

こうした肌に刺激を与えずに使用できるかどうかを考慮したうえで敏感肌の改善に役立つ化粧水を選んでいくことになります。重要なのはやはり保湿効果です。

 

敏感肌の場合皮脂などの油分が不足しているためそれを補充するのも重要なポイントですが、その大半が水分で構成されている化粧水はその対策にはあまり適していません。

30代の敏感肌は化粧水でターンオーバーを活性化させるのもポイント

30代の化粧水の選び方

ですから油分の補充は美容液や乳液、クリームで補うとして、化粧水では保湿対策で乾燥を改善していくことが大事です。

 

ヒアルロン酸やコラーゲンといった保湿成分を浸透性などにも考慮したうえで選んでいきましょう。天然保湿因子(NMF)の原料になるアミノ酸などもオススメです。

 

もうひとつ、ターンオーバーの活性化も敏感肌対策のポイントです。皮膚の新陳代謝を促すことで若々しく健康的な肌へと入れ替えていくことができます。

 

これは美容液と併せて行っていくべき対策ですが、ビタミンC誘導体やレチノール、ビタミンEといったコラーゲンの生成を促す成分やEGFやプラセンタエキス、亜鉛のように皮膚の細胞分裂を促す成分もうまく補える化粧水を選んでいけば敏感肌そのものの改善に役立てていくことができるはずです。

30代普通肌の化粧水 30代乾燥肌の化粧水 30代敏感肌の化粧水
  • 肌環境に合った化粧水を選ぶこと
  • コラーゲンやヒアルロン酸など保湿成分を補うことが重要
  • 保湿効果を優先したうえで抗酸化作用にも目を向けること
  • 低分子化などの技術で浸透しやすくなっているコラーゲンやヒアルロン酸が配合された化粧水を選ぶこと
  • 乾燥で硬くなった肌を柔らかくする乳化作用を備えた化粧水がおすすめ
  • 肌に不要な刺激を与えない低刺激な製品を選ぶことが大前提
  • 化粧水で乾燥を改善していくことも大切
  • ターンオーバーを活性化できる成分配合の化粧水で新陳代謝を促すことも大事

 

POLAの化粧水の口コミと効果>>

40代の肌質別上手な化粧水の選び方

40代・普通肌の人の化粧水の選び方

40代で普通肌、つまり乾燥の悩みを抱えていない方はかなり恵まれた環境といえるでしょう。ですから油断せずにその状況を維持するためのスキンケアが求められます。とくに化粧水選びは揺らぎやすい40代の肌に大きな影響を及ぼすだけに大事な鍵となります。

40代の普通肌は保湿成分の減少を補うことが大事

40代の化粧水の選び方

まず知っておかなければならないのは普通肌の状態をそのまま維持できるかどうかわからないという点です。

 

人間の肌は年齢を重ねていくにつれて乾燥が加速していく仕組みになっています。

 

しかもその老化は40代前後から加速していくため、普通肌だから大丈夫、と油断しているとあっという間に乾燥状態に陥ってしまうことになります。

 

ですからまず普通肌を維持するためにも乾燥をもたらす老化対策をメインに化粧水を選んでいきましょう。

 

そのためのも乾燥の原因となる保湿成分の減少を補うことが大事です。コラーゲンやヒアルロン酸といった保湿成分が豊富に含まれた化粧水を意識して選んでみましょう。

40代は活性酸素を抑制・除去する対策も重要

40代の化粧水の選び方

それから抗酸化対策。基本的に老化は活性酸素による細胞の酸化によって進んでいきます。そのためこの活性酸素を抑制・除去する対策がエイジングケアの重要な柱となるのです。

 

エイジングケアは美容液を中心に行っていくことになりますが、化粧水でもEGFやビタミンC誘導体、ビタミンEといった抗酸化成分をうまく補っていきたいところです。

 

40代のスキンケアではこの保湿対策と老化対策をバランスよく行っていくことが最大の鍵になるといってもよいでしょう。

 

一方普通肌の場合、トラブルに対して集中的なケアを行いやすいメリットがあります。

 

乾燥肌・敏感肌では刺激が強い化粧水も使用できるため、美白化粧水やUVカット効果を備えた化粧水など自分の肌環境に応じて必要な効果を備えた化粧品を使用するのもひとつの選択肢です。

 

ただしもちろん刺激が強すぎると老化が進行する肌にダメージを与えてしまいかねないので要注意です。40代に普通肌を維持できればその後の肌の悩みを大幅に避けることができます。ぜひとも今のままを保てるケアを行いたいところです。
POLAの化粧水の口コミと効果>>

40代・乾燥肌の人の化粧水の選び方

40代乾燥肌の人はまず自分が何が原因で乾燥した状態になってしまったのかを確認することからスキンケア対策をはじめましょう。この年代はもともと体質的な乾燥しやすい方だけでなく、後天的な理由で乾燥肌に陥ってしまうケースが非常に多く、その状況によってスキンケアのポイントが異なってくるからです。

40代の乾燥肌はより低刺激な化粧水を選ぶこと

40代の化粧水の選び方

後天的な理由で乾燥肌になってしまった場合にはスキンケアそのものが誤っている可能性があるため、化粧水だけでなく使用しているアイテムすべてを見直すことも必要になってきます。

 

その中でもとくに化粧水はスキンケアの土台となるだけに真っ先に見直してみましょう。

 

40代になってスキンケアが原因で乾燥肌になってしまう原因は大きく分けて2つあります。ひとつは老化による乾燥の進行を防ぐことができないでいる状態。

 

30代後半〜40代前半は老化が加速していく影響で体内の保湿成分の含有量が急速に減少していきます。ですから30代の頃に使っていた保湿化粧水では減少した分をカバーできずに乾燥が加速してしまうのです。

 

もうひとつの原因は肌に負担をかける製品を使っていること。老化による乾燥とバリア機能の低下が進んでいる肌には刺激が強すぎる製品を使っているとダメージが蓄積してますます乾燥が加速していきます。

 

30代の頃は問題なく使用できた製品も40代になると合わなくなるケースも多いのです。

40代乾燥肌は老化を防ぐ抗酸化作用のある化粧水も

40代の化粧水の選び方

とくに化粧水は洗顔後の敏感な状態で使用するだけにその影響が大きくなります。もし使用後に突っ張り感やピリピリした状態が気になったらより低刺激なものを選ぶようにしましょう

 

このように、まずは衰えが進んでいく肌に合った化粧水を選ぶことが大前提です。そのうえで保湿効果以外の効果も意識して選んでみましょう。

 

重視したいのはやはり老化を防ぐ抗酸化作用。ビタミンC誘導体やビタミンEといったできるだけ肌への負担が少ない低刺激な抗酸化成分が配合されている製品を選んでみましょう。

 

先天的に乾燥肌の方も基本的な点は一緒ですが、より保湿対策を重視すること、肌に負担をかける添加物に注意することなどを意識して探していくのがオススメです。

 

40代・敏感肌の人の化粧水の選び方

40代は敏感肌になりやすい時期です。そのため化粧水選びでは敏感肌に負担をかけないことと、これ以上敏感肌を刺激しないことの2点を重視していくことが必須です。

敏感肌用にとらわれず自分の肌に合った化粧水を選ぶこと

40代の化粧水の選び方

敏感肌になってしまう主な理由は乾燥です。

 

とくに40代の場合は老化の進行によってセラミドやヒアルロン酸、コラーゲンといった保湿成分の含有量が低下していくことによって乾燥とバリア機能の両方が進行していくことで刺激に対して敏感な状況になってしまいます。

 

しかも30代の頃に比べてその進行のペースが速くなるため、より重点的なケアが求められます。

 

化粧水は洗顔後の敏感な肌に使用することになるためとくに刺激に注意したうえで適切な製品を選んでいくことになります。

 

敏感肌用に作られた製品を使用するのが理想ですが、肌質による相性もあるため、敏感肌用に作られたからといって必ずしも安全とはいえないのが難しい点です。

 

逆に敏感肌用に作られていない製品でも肌に合うケースも少なくありません。この点が敏感肌が化粧水を選ぶ際の難しいポイントとなるわけですが、最終的には実際に使ってみたうえで判断するようにしましょう。

40代敏感肌はできるだけ配合成分が少ない化粧水を

40代の化粧水の選び方

老化と乾燥が敏感肌の原因となる以上、保湿対策と老化対策の両方をうまく進めていく必要があるわけですが、ここで注意したいのが配合されている有効成分の種類と数。

 

いろいろな種類の有効成分が配合されている方が幅広い効果が得られてよいのでは、と思いがちですが、スキンケア製品は化粧水に限らず多くの有効成分を配合すればするほど刺激が強くなります

 

これはいくに配合された有効成分ひとつひとつが低刺激であっても同様です。

 

そのため敏感肌の方はできるだけ配合成分が少ないものを選ぶのが基本です。敏感な状態が進行している場合には思い切って保湿効果だけに絞り、老化対策は美容液で行うといった割り切りも必要になることがあるでしょう。

 

安価で購入できるプチプラ化粧水の中には単独の保湿成分だけを配合したシンプルな製品もありますから、高価な製品にばかり目を向けるのではなくあくまで内容を重視したうえで選んでいくことも40代敏感肌の化粧水選びの大事なポイントです。

40代普通肌の化粧水 40代乾燥肌の化粧水 40代敏感肌の化粧水
  • 乾燥の原因となる保湿成分の減少を補うことが大事
  • 活性酸素を抑制・除去する抗酸化成分を補っていくこと
  • 自分の肌環境に応じて必要な効果を備えた化粧水を使用すること
  • 30代の頃よりもより低刺激な化粧水を選ぶこと
  • 肌への負担が少ない低刺激な抗酸化成分が配合されている化粧水で老化対策
  • 敏感肌用にとらわれず実際に使ってみたうえで化粧水を選ぶこと
  • できるだけ配合成分が少ないものを選ぶのが基本
  • シンプルなプチプラ化粧水もおすすめ

 

POLAの化粧水の口コミと効果>>

50代の肌質別上手な化粧水の選び方

50代・普通肌の人の化粧水の選び方

50代で普通肌の方はかなり恵まれている状況です。老化が急速に進行していく40代に生じやすい乾燥やバリア機能の低下といった問題を乗り越えられてきたわけですから、そうでない人に比べるとスキンケアもだいぶ楽になります。

50代は自分が抱えているトラブルの改善に適している化粧水を

50代の化粧水の選び方

ただその一方で老化は確実に進んでおり、乾燥の悩みを抱えていなくても若い頃のような健康な肌を維持できている人はほとんどいないはずです。

 

そのため化粧水選びでは現在自分が抱えているトラブルの改善に適しているかどうかを意識して選んでみましょう。

 

たとえばシワの悩みを抱えている場合には保湿対策と老化対策に優れた化粧水を選びます。老化対策はもちろんのこと、肌の乾燥がちりめんジワと呼ばれるこまかなシワを作る要因となります。

 

ヒアルロン酸やコラーゲンといった保湿成分、あるいは保湿効果と抗酸化作用の両方を備えたプロテオグリカンなどの成分が配合されている成分がオススメです。

 

また目尻やほうれい線などに深いシワが刻まれてしまっている場合には真皮層のコラーゲンとエラスチンを増やす対策が重要です。

 

肌を支えてハリを維持する役割を担っているこの2つの成分が不足すると真皮シワとも呼ばれる深いシワができてしまいます。

美白化粧水は美容液よりも低刺激

50代の化粧水の選び方

その対策は美容液でもできますが、化粧水でもビタミンC誘導体やレチノール、ビタミンEといったこれらの成分の生成量を増やす成分が配合された製品を使用することによって行うことが可能です。

 

美白化粧水も市場で多く見かけるようになっています。

 

美白対策といえば美容液のイメージが強いですが、化粧水でもケアすることが可能です。

 

美容液よりも効果が弱い一方、低刺激なのが魅力です。シミやくすみの悩みを抱えていない50代はいないといっても過言ではないでしょうから、化粧水での美白対策も意識してみてはいかがでしょうか。

 

このように、普通肌は化粧水選びにバリエーションがあります。自分なりの目的に合わせて最適な製品を選んでいくようにしましょう。そのためにも自分の現在の肌環境と抱えているトラブルの状況の把握が欠かせません。
POLAの化粧水の口コミと効果>>

50代・乾燥肌の人の化粧水の選び方

50代の乾燥はかなり進行しているケースが多く、しかもそれがさまざまな肌トラブルの原因になっていることも少なくありません。それだけに化粧水選びではいかにして乾燥を改善し、トラブルが起こらないような肌環境を取り戻せるかどうかが最大のポイントとなってきます。

50代乾燥肌は肌の奥までしっかりと保湿を行える化粧水を

50代の化粧水の選び方

人間の老化は40歳くらいから急速に進行していきます。

 

それが50代にもなるとかなり進行した状態になり、シワやシミ、くすみといったさまざまなトラブルが見られるようになるわけですが、その根本の原因のひとつとなっているのが乾燥なのです。

 

また、角質層全体の保湿力が低下しているため、皮膚の表面だけでなく全体の保湿をしっかりと行っていくことが大事です。

 

こうした事情から保湿効果に優れた化粧水を選んでいく必要があるわけですが、50代の乾燥肌は化粧水だけの保湿対策で完結することはできません。

 

必ず美容液、乳液、クリームも組み合わせたうえでの対策が必要です。そのため化粧水単品での保湿効果はもちろん、その後に使用するアイテムの効果を引き出す役割も求められます。

50代乾燥肌は低刺激な化粧水を選ぶこと

50代の化粧水の選び方

もともと化粧水は洗顔後に敏感になった肌にフタをして環境を整えるのがおもな目的です。そのため保湿効果だけでなくこの基本的な効果も意識して選んでいきましょう。

 

肌を柔らかくする効果を備えているかどうか、塗付した後にしっとり感を得られるかどうか

 

乾燥で肌が固くなっていると毛穴の柔軟性も失われ、狭く固くなってしまうので有効成分がうまく浸透しにくい状態になってしまいます。

 

それを和らげ、美容液以降のアイテムの浸透性を高めることができるか、50代のスキンケア全体を左右する重要なポイントとなります。

 

あとはやはり低刺激の製品を選ぶこと

 

市場ではさまざまな有効成分が配合された化粧水が売られていますが、その中には製品の品質を維持するために防腐剤などの添加物が使用されているものもあります。

 

無添加化粧品やオーガニック化粧品など余計なものが含まれていない製品から選んでいくのもひとつの選択肢となるでしょう。

 

50代・敏感肌の人の化粧水の選び方

50代敏感肌のスキンケアは待ったなしです。さらに老化が加速して肌環境が悪化していく上にシワやしみ、たるみといったさまざまなトラブルに見舞われやすい状況になっていますから、できるだけ早い段階で適切な対策を行っていく必要があります。

50代敏感肌はできるだけシンプルな内容の化粧水を

50代の化粧水の選び方

その一方で50代の敏感肌となるとかなり症状が悪化していくことが多く、そもそも化粧水が思うように使用できないというケースも少なくありません。

 

化粧品ですら刺激が強くて使用できないため、その後のスキンケアも満足できない状況だと肌が無謀な状態になり、外部からの刺激に晒されてしまいます。

 

こうした事情からまず低刺激に徹底的にこだわったうえで化粧水を探していきましょう。肌に刺激をもたらす要因としてはまず添加物の存在が挙げられます。

 

その意味では無添加化粧品が適しているのですが、無添加だからと言って安心して使用できるとは限りません。

 

製品によって何が無添加なのかに違いがありますし、肌に負担をかける恐れがある石油系の成分をまったく使用していない無添加化粧品はないといってもよいほどです。

50代敏感肌はプチプラ化粧水がおすすめ

50代の化粧水の選び方

石油系の成分を排除している点ではオーガニック化粧品という選択肢もありますが、こちらは植物由来の成分を使用してるため、アレルギーなど肌との相性をよく確認したうえで選んでいかなければなりません。

 

さらにもうひとつ、化粧水に限らずスキンケア製品は多くの種類の有効成分が配合されていればいるほど刺激が強くなります。そのためできるだけシンプルな内容の製品が望まれます

 

このように50代敏感肌の化粧水選びは難しく、最終的には実際に使ってみたうえで判断することになります。

 

そんな中オススメなのがプチプラ化粧水です。

 

単独の成分をメインにシンプルな内容になっているものが多く、さらに保湿成分や肌荒れ・炎症対策に役立つハトムギエキスなど敏感肌のケアに適した成分が使用されていることが多く、刺激に敏感な状態でも無理なく使用できます。

 

しかも安価なのでたくさんの量を贅沢に利用できる点も魅力です。

 

このように値段やブランドイメージにこだわらずに自分に合った化粧水を選んでいく姿勢も必要でしょう。

50代普通肌の化粧水 50代乾燥肌の化粧水 50代敏感肌の化粧水
  • シワの悩みには保湿対策と老化対策に優れた化粧水がおすすめ
  • 深いシワには真皮層のコラーゲンとエラスチンを増やす対策が重要
  • 刺激が少ない美白化粧水でシミ・くすみ対策も大切
  • 肌内部までしっかりと保湿対策を行っていくことが大事
  • 必ず美容液、乳液、クリームも組み合わせたうえでの対策が必要
  • 添加物が使用されていない低刺激な化粧水を選ぶことが大前提
  • 低刺激に徹底的にこだわったうえで化粧水を選ぶこと
  • できるだけシンプルな内容の化粧水を選ぶこと
  • シンプルな内容でたっぷり使用できるプチプラ化粧水もおすすめ

 

POLAの化粧水の口コミと効果>>

POLAのおすすめ化粧水

B.A ローション

圧倒的な保湿力と浸透性を可能にしたポーラの最高峰ブランドB.Aの高級化粧水
ハーフサイズ11,880円・税込
公式HPで詳しく見てみる!>>

Red B.A ボリュームモイスチャーローション

Red B.A ボリュームモイスチャーローション

潤いを凝縮した濃密なとろみ!ふっくらとしなやかな弾力を実感できる肌へ
9,720円・税込
公式HPで詳しく見てみる!>>

Dローション

くすみやハリ低下…初期エイジングサインを感じはじめたら使いたい化粧水
4,860円・税込
公式HPで詳しく見てみる!>>

ホワイティシモ 薬用ローションホワイト

乾燥で乱れた角層のすみずみまで、とろんと浸透する薬用高保湿化粧水
4,860円・税込
公式HPで詳しく見てみる!>>

モイスティモローション

乾燥からくるごわごわに!内側からもっちり肌を実感できる高保湿化粧水
4,860円・税込
公式HPで詳しく見てみる!>>